妊娠中のエクササイズとして人気なのは、ウォーキングやスイミング、ヨガなどですが、フラダンスにも「マタニティフラ」と呼ばれる妊婦向けのエクササイズがあるのをご存じでしょうか。ゆったりとした音楽や動きで、運動不足や妊娠中のストレスも解消できますし、妊娠中の体の変化に負けない筋肉をつける効果も期待されています。

今回は、妊娠中のフラダンスの効果と注意点を解説します。どんな効果があるのかを知って、マタニティライフを楽しみましょう。

フラダンスが妊娠中の体に与える効果

フラダンスは、妊娠中の体の変化によって起こりやすいトラブルを改善する効果が期待されています。例えば、フラダンスは踊るときにはだしになって踊るものです。足裏にはたくさんのツボが集中していて、踊ることで刺激を受けます。血流改善やむくみ対策にもなり、妊娠中のスッキリしにくい体をリフレッシュさせてくれるでしょう。

ゆるやかな腰の動きも入りますので、おなかが大きくなるにつれて感じやすい腰の痛みや骨盤のゆがみも改善が期待されます。骨盤底筋群も鍛えることができるので、尿漏れや産後のシェイプアップにもフラダンスのいい影響が出てくる人もいるようです。

フラダンスが表現する動きは、手のひらだけでなく腕全体を使用しています。肩から指先までをなめらかに「伸ばす」「回す」「揺らす」という動作をしながら踊るので、肩こりや背中のこりにも効き目を感じやすくなります。

フラダンス音楽は、踊らずとも聞くだけで癒やされてしまうリラックス効果も魅力です。南国リゾートを思わせるような心地のいい音楽は、マタニティブルーを吹き飛ばしてくれるストレス解消効果も期待されています。

また、フラダンスを習う他の妊婦さん達との交流もストレス解消に役立つでしょう。女性は妊娠をきっかけに仕事を辞めざるを得ないことや、義両親との同居問題、金銭面の不安なども重なって情緒不安定になりがちです。妊婦さん同士で話が弾んで、嫌なことも忘れられる環境作りとしても魅力があります。

フラダンスの振り付けは難しいものではありません。普段と違った空間に集中できるので、余計なことを考えない時間が増えるでしょう。日々の生活とはいったん距離を置いて、リフレッシュする感覚で通ってみると生活に充実感が出てきますよ。

マタニティフラは胎教にもママにもおすすめ

妊娠中の赤ちゃんは、安定期に入り6カ月も過ぎると音が聞こえ始めます。フラダンスの音楽はリラックス効果も高く、胎教にもぴったりです。ママも赤ちゃんも一緒に癒やされてしまうので、難しく考えがちなクラシックよりもおすすめでしょう。産後もBGMとして長く愛用できる音楽です。

産婦人科の中にはフラダンスを取り入れた妊婦体操を行ったり、フラダンスのインストラクターがついた妊婦さん専用のスクールがあったりします。おなかの大きな生徒さんばかりですので、共通した話題もあって楽しく通えるでしょう。

ただ、普通のフラダンスとは少し違います。おなかの中に赤ちゃんがいても無理のない動きや、ハンドモーションを取り入れているのがマタニティフラです。通常のフラダンスは、簡単そうに見えても意外と負荷のかかる動きもあります。そのため、マタニティフラが開講していない教室に混ざって妊婦が踊ることはできるだけ避けることが必要です。

フラダンスには妊婦ダイエットにも効果あり

フラダンスには妊婦ダイエットにも効果あり

妊娠中の体重増加は産後のスタイルの維持が困難になることや、妊娠中毒症への影響なども考えられます。食べなくても体重が増えていく状態にあると、基礎代謝量の低下も影響するでしょう。

フラダンスは動きがゆっくりで強度も高くありませんが、じっくり筋肉を刺激して基礎代謝を促します。下半身の動きが多いように感じられますが、姿勢の維持やハンドモーションで体が温まる適度な運動ができるのです。

妊娠中に効果が発揮されなくても、安産につながることや産後の体の戻りが順調になるなどうれしい効果も期待できます。フラダンスのなめらかな動きを見て、「私は体が硬いから無理かな…」と諦めてはいけません。

お産は、体が硬いよりは柔らかい方が安産につながりやすいので、自分ではうまく続けられないストレッチ感覚で足を運んでみるのもいいかもしれません。

妊娠中のフラダンスで注意すること

妊娠中にフラダンスをする際には、注意しなければいけないこともあります。まず、開始の時期は安定期に入ってからにします。妊娠初期の胎盤が不安定な時期は避けましょう。また、安定期に入っても切迫流産、早産の兆候があったり、おなかのハリが気になったりする場合には踊らないようにします。

安定期に入って調子が良ければ、産婦人科の先生に相談してみるのもいいでしょう。できるだけ自宅から近い教室を選ぶことも大切です。妊婦の運転は控えるに越したことはありませんし、妊娠中の外出は疲れやすいこともあります。体調を無視してまで通うことはやめましょう。

おなかが大きくなってくると、足元が見えづらくバランスも良くありません。フラダンス教室に通う際には、時間に余裕をもって行動することもお忘れなく。