タヒチアンダンスのレッスン中は、先生の口からタヒチ語の用語が頻繁に出てきます。タヒチアンダンスを始めたばかりの方だと「今の言葉どういう意味だろう?」と、わからないことも多いですよね。
そこで今回は、タヒチアンダンスの初心者に向けて、タヒチアンダンスでよく使う用語をご紹介していきます。

タヒチ語の特徴

タヒチアンダンスの本場であるタヒチ島では、公用語としてタヒチ語・フランス語が使われています。近年ではフランス語での会話を主としていますが、年配の方などはタヒチ語を多く使う傾向があるようです。また、タヒチ語はハワイ語と同系語であり、文法や単語が似ているという特徴があります。

タヒチ語の単語自体は覚えやすいですが、アクセントが複雑なため、日本人にとっては少し発音しにくい言葉かもしれません。
タヒチへ旅行の予定がある方は、現地の方とコミュニケーションをとるために、簡単な挨拶などを覚えておくといいでしょう。

タヒチ語は言葉の響きが可愛らしいため、日本でも子どもやペットの名前の参考にする方もいるそうですよ。

タヒチンダンスで使う用語

まずは、タヒチアンダンスの教室でよく使う用語・単語をご紹介していきます。ステップの用語や歌詞の単語を覚えることで、振り付けの理解がしやすくなるので、ぜひ覚えてみてください。

ステップの用語

・Tairi Tamau(タイリタマウ)
腰を左右に振る動き

・Faarapu(ファアラプ)
腰を回す動き

・Varu(バル)
腰を8の字に回す動き

・Ami(アミ)
円を描くように腰を大きく回す動き

・teki(テキ)
つま先立ちのまま膝を曲げる動き

これらのステップは、すべて基本姿勢の状態から動かしていきます。ただ、ステップによっては重心を置く場所が変わったり、足を開いた状態で踊ったりすることもあるので、そのときの指示に従って練習していきましょう。
タヒチアンダンスの用語は一度聞いただけでは中々覚えられませんが、意識して踊ることで自然と覚えることができます。用語を覚えると先生の言葉にすぐ反応できるようになり、迷わずに踊ることができますよ。

歌詞によく出てくる単語

・here(ヘレ):愛
・nehenehe(ネヘネヘ):美しい
・mahana(マハナ):太陽
・fetia(フェティア):星
・motu(モツ):島
・rai(ライ):空
・moana(モアナ):海
・aremiti(アレミティ):波
・tiare(ティアレ):花
・tane(タネ):男性
・vahine(ヴァヒネ):女性

歌詞によく出てくる単語を見てみると、タヒチの人々にとって自然はとても身近で、日々の生活に欠かせない存在ということがわかりますね。
タヒチアンダンスでは、歌詞にどんな意味が込められているのかを知ることで、感情のこもったダンスをすることができます。特に、手の動きで歌詞の意味を表現する「アパリマ」を踊るときなどは大切です。
今練習している曲がある方は、歌詞の意味を調べてみるといいですよ。

タヒチ語の挨拶&単語

タヒチ語の挨拶&単語

ここからは、タヒチ語の挨拶&単語を見ていきましょう。
現地の人々の言葉を知ることは、タヒチアンダンスをより深く理解するために大切なことです。
簡単なフレーズもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

挨拶

・Iaorana(イアオラナ):こんにちは
・maeva(マエヴァ):ようこそ
・Mauruuru(マウルール):ありがとう
・Mauruuru roa(マウルール ロア):どうもありがとう
・Nana(ナナ):さようなら
・E aha te huru(エアハ テ フル):元気ですか?
・Maitai(マイタイ):元気です
・e(エ):はい
・aita(アイタ):いいえ
・Aita e peapea(アイタペアペア):気にしない気にしない!

日本では「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」と、時間帯に分けて挨拶を変えますが、タヒチの挨拶「イアオラナ」は、朝・昼・夜すべての時間帯に使うことができます。シンプルでとても便利な挨拶ですよね。
また「気にしない気にしない!」という意味がある「アイタペアペア」には「大丈夫です」「問題ないです」といった意味も含まれているようです。
陽気で明るいタヒチの人々にぴったりの言葉といえるでしょう。

単語

・tamarii(タマリイ):子ども
・maa(マア):食事
・moni(モニ):お金
・ahu(アフ);ドレス
・himene(ヒメネ):歌
・ori(オリ):ダンス
・pahu(パフ):太鼓

タヒチアンダンスを習っていると「Ori TAHITI(オリ タヒチ)」という言葉を耳にすることがありますよね。「オリ」の意味を知っていればわかると思いますが、これは「タヒチアンダンス」のことを指しています。
現地ではタヒチアンダンスを「Ori TAHITI(オリ タヒチ)」と呼んでいることから、日本にあるタヒチアンダンスの教室名についていることが多いのです。

タヒチ語を覚えて楽しく踊ろう!

タヒチ語を覚えると、練習がしやすくなるだけではなく、タヒチアンダンスをより楽しんで踊ることができます。
タヒチアンダンスを始めたばかりの方は、よく使う用語やタヒチ語を学んで、今よりもさらにタヒチアンダンスへの理解を深めていきましょう。