情熱的でセクシーな踊りが魅力の「タヒチアンダンス」。タヒチアンダンスの習い事は幅広い年代の女性から人気がありますが、教室によっては男性もレッスンを受けられるということをご存知ですか?

今回は、これから習い事を始めたいと考えている男性に向けて、男性がタヒチアンダンスを習うメリットやタヒチアンダンスの特徴、教室の探し方などをご紹介していきます。

男性タヒチアンダンサーの特徴

「タヒチアンダンス」と聞いたときに多くの方がイメージするのは、打楽器のリズムに合わせて、女性が腰を激しく振ったり回したりしている場面ではないでしょうか。これは「オテア」という種類のダンスで、女性は腰の動きを中心に、男性は足の動きを中心にアップテンポで踊ることが特徴です。

オテアは女性の踊りも激しいですが、男性の踊りはさらに激しく、全身を使ってダイナミックに動いていきます。膝を曲げた状態でかかとを上げながら両足を開け閉めする動きや、膝を高く上げてジャンプをする動きなど、男性だからこそ表現できる力強い踊りが魅力です。

男性がオテアを踊る際は「マロ」というふんどしのような衣装を着用し、曲に合わせて大きなヘッドドレスを身につけたり、膝下に植物で作られた装飾をしたりすることもあります。踊りと同じように衣装も情熱的でインパクトがあるので、ダンサー自身はもちろん、観客も見ているだけで楽しむことができるでしょう。

ステージで踊るときは、男性のみで踊ることもあれば、女性と一緒に踊ることもあります。そのため、イベントの練習をする際は男女合同のクラスで行うこともあるようです。

男性がタヒチアンダンスを習うメリット

男性がタヒチアンダンスの習い事をするメリットとして、以下のようなことが挙げられます。

・全身の筋肉が鍛えられる
・運動不足解消
・姿勢の改善
・ストレス解消
・自分に自信がつく
・男性ダンサーは少ないので目立つことができる
・さまざまな人と知り合える
・趣味や特技ができる

男性がタヒチアンダンスを習うメリットとしてまず挙げられることが、全身が鍛えられて筋肉がつくということです。男性のオテアは動きがかなり激しく運動量が多いので、下半身の筋肉がつくことはもちろん、全身の筋肉を鍛えることができます。また、上半身を動かさないように踊ることで、体幹が鍛えられ、姿勢の改善にも繋がります。

自宅やジムなどで筋トレをするのはなかなか続きにくいですが、タヒチアンダンスは周りの仲間と楽しく踊れるため、他の運動に比べて続けやすいということもメリットといえるでしょう。体を動かすことによって運動不足の解消やストレスの発散にもなるので、普段デスクワークをしている方や、仕事でストレスを溜め込んでいる方などにも最適です。

他にも、タヒチアンダンスが上手く踊れるようになったときには達成感を得られますし、ステージに立つ経験を重ねることで、自分に自信をつけることもできます。男性のタヒチアンダンサーはまだまだ少ないので、ステージでもきっと目立つことができるでしょう。

タヒチアンダンス教室の探し方

タヒチアンダンス教室の探し方

タヒチアンダンスに興味があっても「近くに男性専用の教室があるのかわからない」「周りに聞ける人がいない」と悩んでいる男性は多いのではないでしょうか。タヒチアンダンスの教室は全国にいくつもありますが、男性専用のクラスを持っている教室は少ないといえます。

男性が教室を探すときは、まずは自宅から通える範囲に男性専用のクラス(タネクラス)があるかを探し、見つからない場合は気になる教室に直接問い合わせてみるのがおすすめです。その教室では男性のレッスンを受け付けていないかもしれませんが、男性専用のクラスがある他の教室の情報を得られる可能性もあります。

それでも見つからなかった場合は、近くでタヒチアンダンスのワークショップが開かれていないかを確認してみるといいでしょう。教室によっては、年に数回ほど外部講師を招いて男性タヒチアンダンスのレッスンを行っているところもあります。

いずれにしても、教室を探すには講師の方や教室の先生に聞いてみることが一番なので、気軽に問い合わせてみましょう。

男性も女性もタヒチアンダンスを楽しもう!

タヒチアンダンスは、性別も年齢も関係なく、どんな方でも楽しむことができる習い事です。運動不足の解消やストレス発散、体を鍛えたい、仲間を作りたいなど、人によって始めるきっかけはそれぞれ違いますが、続けていくうちにタヒチアンダンスをもっと好きになれるはず。

男性タヒチアンダンサーの人数は女性に比べると少ないですが、だからこそ趣味や特技として向いているといえます。少しでもタヒチアンダンスに興味がある方は、まずは体験レッスンを受けて、タヒチアンダンスの楽しさを体感してみてください。