「フラを始めたいけど、今の年齢からだと遅いかな…」「ダンス経験がないからついていけるか心配…」
このような理由で、フラを習うことをためらっている方はいませんか?

習い事を始める前は不安なことが多くあると思いますが、フラはどの年齢からでも始めやすいという特徴があります。健康や人生の楽しみのためにフラの習い事を考えているのなら、気軽に初めてみてはいかがでしょうか。

今回は、フラが年齢に関係なく始めやすい理由や、フラから得られることについてご紹介していきます。

フラに年齢が関係ない理由

フラは、他のダンスと比べて幅広い年代の方に踊られているという特徴があります。その理由として、激しい動きがないので怪我をしにくいことや、ステップが比較的覚えやすいこと、運動能力や体力がなくても踊りやすいことなどが挙げられるでしょう。

フラは、ゆったりとした音楽に合わせてしなやかに体を動かすダンスです。ヒップホップのような激しい動きがないため、他のダンスに比べて怪我をしにくく、運動能力や体力に自信のない方でも踊りやすいといえます。

また、ステップについても、スピードがとても早かったり、複雑でわけがわからない!と混乱したりすることも少ないと思うので、特に構える必要はないでしょう。もちろん、初めはステップや手の動きなどがわからないと思いますが、続けていくうちに自然と覚えていけるはずです。

フラはどの年齢から始めても楽しめるダンスなので、ダンスの経験がない方や体力に自信がない方にこそおすすめの習い事といえます。

運動神経や体型も気にしなくてOK

フラを始めたいけれど、自分の体型や運動神経のなさが気になる…という方もいるのではないでしょうか。
「みんなスタイルが良いんだろうな…」「他の人は私より運動神経が良くて、覚えも早いんだろうな…」など、周りの人たちの中で自分が浮いてしまうことを想像すると不安になりますよね。

しかし、実際はそのような人ばかりではありません。
体験レッスンを受けてみるとわかると思いますが、教室にはさまざまな体型の方がいて、ダンス経験が全くない方や、同じように緊張している方など、色々な人たちがいます。

体型については、フラはむしろ、ふくよかな体型のほうがよいという考え方があるので、お腹が出ていることを必要以上に気にする必要はないでしょう。もし、今の体型を好きではないのだとしたら、フラで筋肉をしっかりとつけ、理想の体型に近づけることを目標にしてもよいと思います。

経験がないことが心配であれば、初心者クラスを用意している教室を選ぶのがおすすめです。自分と同じレベルの人たちと一緒であれば、周りとの差を感じにくいですし、焦らずに踊れるのでフラの楽しさをしっかり感じられるのではないでしょうか。まずは気になる教室に体験や見学を申し込み、先生や他の生徒さんの雰囲気などを確認してから合いそうな教室を選んでみてください。

フラから得られることとは?

フラダンスの衣装

フラは、一つひとつに意味のある手の動きと、足のステップをあわせた踊りです。ハワイアンミュージックや打楽器の音に合わせ、笑顔でゆったりと体を動かしていると、体も心も癒されてきます。忙しい日常生活から離れて、自分のための癒しの時間をつくることは、充実した生活を送るためにも必要ではないでしょうか。

フラはゆったりとした動きながら、脚全体、腕、脇腹など幅広く鍛えることができるので、ダイエットや健康のためにもよいですし、姿勢を改善したい方にもおすすめです。

また、鮮やかで可愛らしいパウスカートや華やかな衣装を着ることも、いつもと違う自分を見つけることができて楽しいと思います。普段は年齢や体型を気にして無難な格好をしているという方でも、教室や舞台で思いっきり着飾ることで、自信がついたり明るくなれたりすることもあるでしょう。

他にも、仲間と一緒に踊ることの楽しさを感じることや、大人になってから新しい友達ができることも、フラを始める大きなメリットといえます。仕事以外でさまざまな年代の人と関わる機会は少ないので、習い事の場は貴重な機会です。交流の幅が広がれば、これまでとは違う新しい世界を知るきっかけにも繋がり、人生がより豊かになるのではないでしょうか。

ハワイ語を覚える楽しさも!

フラの動作は、ハワイ語がベースとなっています。例えば、ナル(nalu)というハンドモーションは波という意味なので、両手で波を描くように動かします。動作とハワイ語がセットになっているので、続けていくうちにハワイ語を覚えられるということも、フラの楽しさの一つでしょう。

まとめ

フラは、年齢に関係なく始められる習い事です。これまで体力や運動神経が気になって踏み出せなかった方は、まず体験レッスンか見学を申し込み、どのようなレッスンを行っているのかを確認してみてください。自分が思っているイメージと違うことがわかれば「私にもできそう!」と思えるかもしれません。

自分に合いそうな教室を選び、ぜひフラを楽しんでください。