ダンスの振り付けを覚えるスピードが速い人もいれば、何回見ても覚えられないという人もいます。ゆっくり覚えていくのも悪いことではありませんが、できることなら苦労せずに振りをマスターしたいと思うのではないでしょうか。
今回は、ダンスを始めたばかりの方に向けて、振り覚えが良くなるコツを解説していきたいと思います。

振り付けを覚えられない原因は?

振り付けを覚えられない原因はさまざまですが、その一部として以下のようなことが考えられます。

・踊ることに慣れていない
・見るポイントがずれている
・練習の回数が少ない
・一気に覚えようとしている
・わからないと止まってしまう

初心者の場合は、当たり前のことではありますが踊ること自体に不慣れであるということが大きな原因ではないでしょうか。ダンスを始めたばかりは、体の動かし方も基本のステップもよくわかっていない状態です。長年ダンスをやっていて数多くのステップを知っている人は、次に来る動きが大体わかったり、応用ができたりしますが、何も知らない初心者の方にそれは難しいことだと思います。

また、振り付けを早く覚えるには、お手本の見方や練習方法、自分が覚えやすいペースなどを知ることも大切です。初めからすべて上手くできる人はいないので、コツを知り、少しずつ覚えていきましょう。

振り付けを覚えるコツ

ここからは、振り覚えのコツを紹介していきます。

基本のステップを覚える

ダンス初心者の方は、まず基本のステップをしっかりと覚えるようにしましょう。
その理由は、基本となるステップができていれば、ある程度の振り付けに対応できるようになるからです。振り付けの中には基本のステップが使われていることも多いので、繰り返し練習をしておくと「足も手もどうなっているのかわからない!」と焦るようなことが減るでしょう。

全体を見る

振り付けを覚える際に気をつけたいのが、お手本の動きを部分的に見てしまうことです。手が複雑な動きをしていると「難しそうだからしっかり見ないと!」と手の動きばかり見がちですが、そうすると実際に踊るときに他の部分がわからなくて動けなくなってしまいます。

はじめはあまり細かいところは気にせず、全体の雰囲気を見るようにしてみてください。そして全体の雰囲気をある程度掴んだあとで、部分的に見ながらパーツを繋ぎ合わせていくと、振りが覚えやすくなるでしょう。

動きを擬音にする

ダンスを習っている方であれば、先生が動きを音にして教えているのを見たことがあると思います。無音で覚えるよりも「タンタンタンッ」「スーッ」「チャッチャ」など、動きのイメージに合った擬態語・擬音語を使うほうが振りは覚えやすくなります。

人によっては「右!左!」だったり、カウントを数えたりするほうが覚えやすいかもしれません。なかなか振り付けが覚えられないと感じたら、自分なりに動きに音をつけてみてください。

わからなくても動きを止めない

わからない箇所があったり、振りを間違えてしまったりしても、動きを止めずに続けて踊るようにしましょう。途中で止まってしまうと、そのあとの振り付けもわからなくなります。細かい部分はあとにして、とりあえず最後まで踊り切ってみることが大切です。

鏡をしっかりみる

ダンスの先生を見ながら踊ったあとに、鏡で自分の踊っている姿を見てみると、想像と違う動きをしている自分に気がつくことがあります。先生ばかりを見て踊ってしまうと、自分がどのような動きをしているのかも、改善点もわからなくなりますし、先生がいないと踊れなくなってしまいます。
少し慣れてきたら、先生ばかり見ることをやめ、鏡で踊っている自分をしっかりと見るようにしましょう。

動画を撮る

自分のダンスを動画に撮ると、鏡よりも客観的に、冷静に見ることができます。「もう少し腕を上げたほうがいいかも」「タイミングがずれているな」など、改善点に気づくことができるため、苦手な箇所を練習したいときにも最適です。
完璧ではなくても、振り付けをある程度覚えた時点で動画を撮り、一度自分が踊っている姿を確認してみてください。

わからない部分はそのままにせず先生に聞こう

パソコンを見る女性

「何度見てもどうなっているのかわからない!」という場合は、そのままにせず、先生に聞くようにしましょう。曖昧なまま踊るとダンスに自信が持てなくなりますし、上達のスピードも遅くなってしまいます。

聞くのは少し勇気がいりますが、タイミングを見て教えてもらうようにしてください。疑問に思うことはしっかり確認をして、自信を持って踊れるようにしましょう。また、振付をノートへ書き留めることもフラやタヒチアンダンスを踊る上で求められる事が多いです。

まとめ

ダンス初心者の方は、最初は動きについていけずに焦ることも多いと思いますが、繰り返し練習をしていけば必ず上達していきます。
まずは基本のステップを覚え、振り全体の雰囲気をざっくりと把握するようにしましょう。慣れていないと踊れないのが当然なので、基本ステップを反復しながら、少しずつ体の動かし方を覚えていってください。