ハワイ諸島の8つの島

・ハワイ島
・マウイ島
・オアフ島
・カウアイ島
・モロカイ島
・ラナイ島
・ニイハウ島
・カホオラベ島

以上の8つの島々にはフラを踊る時の「決まり事」があり、フラソングの歌詞に合わせた振り付けやレイや髪飾り、衣装の形(スタイル)や色が決まっています。

フラソングの内容を大きく分けると…

島によって異なる「決まり事」のお話をする前に、やはり覚えていて欲しいフラソングのざっくりとしたグループ分けをしておきます。

ここでお話しするフラソングとはトラディショナルの曲に限りますので、ここ30年ほど前くらいに作られた新しい曲は省きます。

ではフラソングの内容(物語)を整理しましょう。

やはり、ここでも大きく分けると..と言う「くくり」で覚えておいて下さい。

フラソングの「くくり」は5つです

・ラブラブ💕マーク飛び交うラブソング
・自分が生まれ育った土地を誇り高く歌うご当地ソング
・家族を想い、愛する家族や友人愛を歌う曲
・ハワイ全島を支配した王室の繁栄を祈る曲
・王室メンバーが作詞作曲をしているロイヤルソング

ハワイ語で歌われているフラソングには最低でも2〜3個のKa’onaと呼ばれる秘密の意味が隠されているので詩を訳すときには充分気をつけて下さい。(裏の意味)などとも言われます。

島々に伝わるフラを踊る際の決まり事

ハワイの島

島によって様々なしきたりや約束事があるのですが、ここでは「フラを踊る時は」に絞ります。

各島々のカラーと島を象徴する花

ハワイ島         赤           オヒアレフア
マウイ島         ピンク         ロケラニ
オアフ島         黄色          イリマ
カウアイ島        紫           モキハナ(花ではなく実)
モロカイ島        グリーン        ククイ
ラナイ島         オレンジ        カウナオア
ニイハウ島        白           ププシェル(貝)
カホオラベ島       グレイ         ヒナヒナ
ハワイ州の花はハイビスカス

フラソングはほとんどの曲にどこかの島の何かが歌われています

もちろん例外はあり、全ての島に共通する曲もありますし、各島々に関係のない曲もありますが。

ここで今回のテーマである「決まり事」のお話に入りますが、1番簡単で、それでいてフラを踊る時にはとても重要な事なので覚えて下さい。

それは上の表に書いた島の色と島を象徴する花を無視してはいけないという「決まり」を守る事!

例えばマウイ島の曲でロケラニが出てくる歌詞なのに衣装や髪飾り、レイ等の装飾品にピンクのバラをひとつも取り入れずに他の花を使用していたら、なんだかチグハグで落ち着きません。

逆に上品なローズピンクのドレスで、装飾品の中に小さなバラの花がアレンジしてあれば「このダンサーは良くフラソングの勉強をしてしているな」と感心されます。

更に同じマウイ島の曲でも、先に説明したフラソングのグループ分けのどれに属するかで衣装のスタイルが変わってくるので、間違ってもロイヤルソングを踊る際に肌を出しすぎた衣裳は着てはいけません。

まとめ

年齢も始める時期も関係なく誰もが楽しめるフラダンスですが、虜になればなるほどもっと色々な事が知りたくなり、知れば知るほどハワイ・フラの神秘な奥深さに感動してもっともっと知りたくなる…
大好きなフラやタヒチアンダンスをずっと踊り続けていく為に色々な知識を身につける事は重要です。

フラを踊る上で大切な事のひとつに「表現力」がありますが、表現豊かに踊るにはやはりハワイに関する幅広い知識が必要になります。