いざフラダンスを始めるにあたり、どのような持ち物があれば良いのか、何を準備しておけば良いのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、初めてのフラダンスに備えて、必要な持ち物や準備について丁寧にご紹介します。
通う教室によって多少異なる部分もありますが、ぜひ参考にしてください。

体験レッスンに必要な持ち物

フラダンス教室を選ぶ際に、多くの方がまず参加するのが「体験レッスン」です。
実際に参加することで、講師や教室の雰囲気を確認することができる点からも、人気があります。

また、体験レッスンの段階では、フラダンスの衣装等の準備は不要です。
まだ習い事を始めていないわけですから、持っていない人の方が多いかもしれませんね。

基本的には、
●自分が動きやすいと感じる服装(特に決まりがないことが多いです)
●汗を拭くためのタオル
●水分補給のためのドリンク
の3つを準備しておきましょう。

教室によっては、ウォーターサーバーなどの設備があり、自由に水分補給ができることもありますが、持参しておくと安心です。

また、フラダンスは基本的に裸足で踊るものですが、足の冷えなどが気になる場合は、靴下やルームシューズ(動きやすいもの)を持っていくと良いでしょう。

体験レッスンの場合、申し込んだ際に必要な持ち物を教えてもらえますので、その内容も参考にしてください。

実際のレッスンに必要な持ち物

フラダンスの体験レッスン後、「この教室でフラダンスを学びたい!」と思ったら、ぜひ、申し込みましょう。
フラダンスデビュー、おめでとうございます!

さて、それでは次に実際のレッスンに必要な持ち物についてご説明します。

●汗を拭くためのタオル
●水分補給のためのドリンク
以上2点は、体験レッスンと同じです。

大きく変わるのは、やはり衣装です。

見出し

その1:上半身に身につける服

Tシャツやキャミソール、タンクトップなどの動きやすい服が良いでしょう。
パウスカートは柄入りのものが多いため、上半身に身につけるものは、無地でシンプルなものが好まれています。
黒や白であれば、どのような色のパウスカートとも合わせることができるため、便利です。

また、デコルテ部分が出ていると、スッキリとした印象を与えてくれるだけでなく、身体の動きをチェックしやすいなどのメリットもあります。

その2:パウスカート

フラダンスと言えば、華やかなで鮮やかなデザインのパウスカートをイメージされる方も多いことでしょう。
パウスカートとは、フラダンス専用のスカートのことです。
ギャザーが特徴的なパウスカートを身につけることで、より腰の動きが美しく見えるといったメリットもあります。

大会や発表会では、統一感のある衣装が求められますが、練習では好きなパウスカートを身につけて構いません。
自分が気に入った色や柄のパウスカートを購入しておきましょう。

また、パウスカートを身につけると、一番大切な膝の動きが見えなくなってしまうため、講師によってはめくって動きを確認することがあります。
その際に恥ずかしいと感じる場合は、中に履いておくスパッツなども準備しておくと良いでしょう。

その3:小物

髪の長い人は、フラダンスを踊る際に髪が邪魔にならないよう、まとめる必要があります。必須アイテムではありませんが、シュシュや髪留めもハワイを意識したものを選ぶと、よりフラダンスが楽しくなるでしょう。

また、ショートカットの人も使える髪留めなどがあるため、気分を盛り上げたい人は準備しておきましょう。

その4:フラノート

フラノートとは、その言葉通りレッスンで習った内諭を書き留めておくノートのことです。
一度習ったからといって、全てを覚えるのは難しいものですよね。
そのために、振り付けや動き、ステップなどの具体的な内容や、音楽や言葉に関する知識などを書き、あとで練習する際に役立てるのが一般的です。

ノートの形状は、どのようなものでも構いません。無地や罫線入りのものなど、自分が書きやすく使いやすいタイプのノートを選びましょう。

ハイビスカスの絵柄が描かれているものを選んだり、無地の表紙に自分で好きなシールを貼って自己流にアレンジしたりして、お気に入りのフラノートを作ってください。

フラダンスの準備は、意外とシンプル!

フラダンスの持ち物は、意外と少ないと感じた方も多いのではないでしょうか。
タオルや水分補給のドリンクは、他の習い事でも必要です。

つまり、メインはパウスカートだけであり、準備にそれほどお金がかからないという点も、フラダンスの始めやすさに繋がっていると言えます。

何より大切な準備は、あなたの「フラダンスを楽しもう!」という気持ちです。持ち物を選ぶ際も「ちゃんと踊れるかな?」「クラスに馴染めるかな?」などといった心配をしながら考えるのではなく、「どのパウスカートにすれば、ワクワクしてフラダンスができるか」を基準に選びましょう。

初めてのフラダンスに、ドキドキする気持ちは皆さん同じです。ぜひ、楽しく準備をして、レッスンを始めてくださいね。